健康診断を代行するサービスの紹介です

会社にとって大切な資本である社員。その社員の健康を守るためには欠かせない健康診断。会社や事業主には年に1回以上の健康診断が労働安全衛生法で義務付けられています。加えて従業員が50人を超える企業ではメンタルチェックも義務化されています。しかし社員検診を行うためには、検診機関の選定から予約管理、診断後の清算や全社員の健康状態の把握と、数々の事務業務が必要になってきます。通常業務を行いながら健康診断のための業務を行うには負荷がかかりすぎる、とは言って健康診断のための人員を確保することは難しい。このような悩みを解消できるのが、面倒な検診に関わる事務業務を一手に引き受けてくれる健康診断代行サービスです。また、社員に合わせた検診スケジュールを管理し受診を促してくれることから、検診受診率の向上も期待できるのではないでしょうか。

健康診断代行サービスの基本的な代行内容は?

健康診断代行業者はそれぞれ、検診が行える医療機関とのネットワークを持っているので、利用者の利便性の高い検診機関での受診が可能になります。検診機関との煩雑な契約から、社員の個々のスケジュールに合わせた予約、またはキャンセルやそれに伴う再予約、未受診者院への受診の勧奨、診断料の一括支払い、検診結果のデータ化と、健康診断に関わる一連の業務を代行してくれる業者が多いようです。これから社員検診の実施を考えている場合や、契約している検診機関がない場合などは、すべてを任せられるので安心だと言えるのではないでしょうか。一方、検診に関わる業務をクラウドシステムで効率化できる業者もあり、こちらは簡単な操作と検診機関の選定および契約は必要なものの、一連の健康診断業務の軽減が図れます。現在契約している検診機関があり場合は、ローコストで効率化できるクラウドシステムの導入も一考の価値があるのではないでしょうか。

健康診断代行には、こんな便利なサービスも!!

基本的な健康診断の代行業務に加え、さまざまなオプションサービスが用意されている業者もあります。医療機関が少ない地域への検診車を使った巡回型のサービスや、紙ベースなうえに医療機関によって異なったフォーマットであった過去の検診結果を、データ化し蓄積するサービス。蓄積された検診データを一元管理することで、健康状況の把握や、産業医面談や保健指導の履歴管理、移動時の情報の引継ぎに役立てることができるデータ管理サービス。健康状態の推移をグラフ化など視覚的にも分かりやすくすることで、社員の健康意識の向上にもつながるのではないでしょうか。このほかにも、メンタルチェック支援や健康活動推進支援など、体の健康維持だけではなく心の健康維持を支援するためのサービスなど、利用者のニーズに合わせた検診が時間や手間をかけずに実施できます。

健診結果データ、就労データ、面談記録、メンタルヘルスデータも管理できるクラウド型健康管理システムです。 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 受診勧奨代行で特定健診・定期健診の受診率アップ! 従業員・組合員の健康リテラシー向上、健康経営や働き方改革推進につながる各種ご提案が可能です。 健康診断代行サービス|ウェルネス・コミュニケーションズ