他企業では既に導入済みの社員の健康診断代行サービス

社員の健康のための健康診断代行サービスがあることをご存知ですか?労働安全衛生法にて「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行わなければならない。」とされており、企業は従業員に対し、一年に一回は必ず健康診断を行わなければならないと義務づけられています。これを基に企業は従業員に健診を受けさせているのですが、従業員が多い企業などは、実施時期や日時、健診場所の選定や検査方法、従業員への受信案内、さらには特殊(有害)な作業従事者は健診方法も違ってくるなど事務負担が重い業務になっています。そのようなときにこの健康診断の代行サービスが事務負担を軽減するのに利用されています。ではどのようなサービスがあるのか詳しく紹介していきましょう。

健康診断の代行サービスとはどんなものなのか

健康診断の代行サービスの基本的な概要は主に、企業の人事または総務の担当者に代わり、定期健診の予約や清算業務、健診実践時期の調整、健診場所の選定や従業員への健診案内や未受診者へは受信督促、健診後の結果通知やメタポリック症候群チェックやメンタルヘルスストレスチェックなどの健診フォローなどが主な業務です。依頼する代行サービス業者によって行われる事業内容が違いますので、自社ではどこまで代行サービスを利用したらいいか、予算などを考え、事務処理の負担軽減に役立ててはいかがでしょうか?さらに代行サービス業者によっては産業医などを配置し健康管理体制を充実させてもらえるような取り組みもあるようです。さらに他企業では既に導入済みの健康診断代行サービスもあるので紹介していきます。

他企業では既に導入済みの健康診断代行サービス

さて、健康診断の代行サービスの内容を紹介してきましたが、さらに代行サービス業者には独自の様々な取り組みがありますので、紹介したいと思います。代行サービス業者の中には、自社の健康保険組合の設立を手助けしてくれる業者や健康教育セミナーを企画運営してくれる業者などもあります。自社にとって、どの代行サービスを利用し、なにが最良かを考え、導入されることをお勧めします。導入された企業は健康診断の受診率が向上したとの事例や健康診断の管理が煩雑だったが任せることによって状況把握が可能になった、などとの評価があるようです。昨今の日本では、働き方改革として業務効率化が重視されてきており、自社の業務効率化を目指す為や従業員一人一人の健康への意識改革のきっかけとして検討してみるのもいいのかもしれません。