健康診断を代行するメリットデメリット

健康診断は企業が1年に1度、社員に受けさせる義務があります。企業の担当者は医療機関の予約をして受診状態の把握や、未受診者には受診を促さなければなりません。受診者が少なくてもその他の業務と同時に行うには手間がかかってしまいます。健康診断代行サービスはそんな煩雑な作業を代行してくれます。予約から支払・検診結果を基に分析し健康維持のサポートもしてくれます。会社独自で健康診断を受ける場合は、医療機関も限定されますので受けたい項目が受けられない場合や、土日に健康診断を実施していなければ仕事を休まなければならない事もありますが、健康診断代行サービスは医療機関にネットワークがあるので社員は希望する医療機関で受ける事ができます。会社の近くに医療機関がない地域は健診車で健診が可能です。魅力的なサービスですが、高額になる場合もあります。自社の規模に見合った内容であるかを契約前にしっかり確認をとりましょう。

担当者がサービスを利用するようになった理由

毎年健康診断の時期になりますと通常業務の他に病院へ予約する作業が加わります。期日が決まると日程表を作成して当日受診しているかどうか確認をします。仕事の都合で病院へ行けなくなる人が必ずいますので、その場合は改めて診察日を予約します。全員が一つの医療機関で健診を受ける訳では無いので請求書も支払いも別々です。効率的に予約から支払いが出来ないものか、健診結果の管理も大変なので何か良い方法がないものかを考えていました。知人の会社で健康診断代行サービスというものを利用していると聞き、資料を集め上司に稟議を仰ぎましたら利用許可が下りました。今までは問診票も医療機関毎に違うので、見にくく管理も大変でしたが、健康診断代行サービスは統一した問診票なので一つのファイルで管理ができて、受診状況や診断結果もパソコンで見ることができます。

サービス会社を選ぶポイントは?

インターネットで検索すると健康診断代行サービスの会社がたくさんでてきますが、どこの会社を選べば良いか迷うと思います。自社と代行サービスの規模が対応したものであるかを確認します。依頼したら高額の請求をされてしまったという失敗があってはいけませんので、契約をする前に確認が必要です。1社だけではなく複数の代行サービスと比較して選びましょう。健康診断代行サービスでは受診予約は本人がインターネットで行いますので、予約していない人や受診していない人へは催促のメールが届き、上司へも報告が届きますので受診率もあがります。健康診断の結果で悪い数値が出た場合はインターネットで注意をすべき事を調べましたが、健康診断代行サービスによってはウエブページにログインすると健診結果が出て、起こりうるリスクや生活面で気を付ける事がアドバイスとして表示される会社もありますので、規模とプランにあった会社を選びましょう。