健康診断代行にはこのようなサービスもある

健康診断の代行サービスの主な業務は、健診の予約や精算、結果の回収など事務的な作業を全てカバーしています。その他、健康診断後の結果を分析することで、企業の健康対策に役立つようなサービスを行なっています。健康診断自体は今までと同様で、病院などへ個別に受診する必要がありますが、予約の代行も行なっていて、この健康診断代行サービスを取り入れている企業に勤めている人は、自分で予約する必要はありません。普段健康に問題がない人は積極的には健康診断のための予約を取る気が起きず、ついつい先延ばしにしがちですが、このサービスを利用すると、健診を受けやすく、もっと健診を身近なものにできそうです。企業の担当者としては事務の負担を軽減でき、スタッフの作業時間が短くて済みます。例えば、医療機関ごとの支払いの請求ができるため、各医療機関は一度の手続きで支払いが終了できます。

問診票や結果の判定を統一できて的確な健康指導ができる

問診票の記入は医療従事者でも時間を要します。一度でも手術などで入院したことのある人は、日付を記入するのですが、日付を思い出したり、病名や術式を書くのには苦労しがちです。健康診断代行サービスでは毎年同じ問診票を用意しているので、記入しやすくなっています。記入することが多い人はコピーを取っておくと、慌てずに記入できます。毎年同じ問診票だと、前年度と比較しやすく、生活習慣の変化や傾向に自分で気づきやすくなり、企業側でも客観的に健康状態を把握しやすくなります。そして、健康状態を悪化させないよう、対策を取りやすくなります。また、健康診断の判定区分が統一されているので、健診後の健康指導などが的確に行えます。この健診後の健康指導は、就業判定が必要な場合の産業医への連絡なども抜かりが少なくなります。

健診後のアフターケアも安心な健康診断代行サービス

市町村の健康診断などは検査結果が要再診の場合でも、本当に病院へ行くのかは個人の意思に委ねられています。健康診断代行サービスは幅広いアフターケアがあり、企業担当者の事務負担だけでなく、受診者に対して検査通知を送ります。その検査通知書は医療機関ごとのバラバラな書類ではなく、同一のものに統一されています。そして結果に対する相談窓口を設けている代行サービス会社もあり、健診の結果が悪かった時に不安になる気持ちに対応しています。二次検査が必要な場合も抜かりなく通知されるので、企業側も就業者も安心して健康診断を受けることができます。また、未受診者へは受診の督促通知を行ないます。そうすることで受診率が上がり、病気の早期発見にもつながります。健康診断代行サービスを利用することでの病気の早期発見は、企業側にも受診者にも両方に利益のあるサービスです。