社員の健康診断代行サービスの費用の相場について

従業員が健康診断を受けて、自身の体の状態を把握することは、非常に重要なことです。早期発見、早期治療で健康な状態を維持することは、会社の業務をスムーズに行うために大切です。しかしながら、従業員が自分で健康診断の予約をしたり、実際に医療機関に足を運ぶことは、なかなかできることではありません。そこで企業では、健診の代行を行っているサービスを利用することがあります。企業の健診担当者が、健診のための準備、予約、管理などを行うのは、大変な労力を要します。健診の代行サービスに任せられることで、本来の業務に専念でき、労力を軽減することができます。現状と問題点はいくつかあります。代行のサービスを取り入れることで、企業の健康への意識が高まり、結果として社員の健康を守ることができます。

健康診断の代行サービスについて

従業員の健康診断の段取りは、これまでは企業の健診担当者が行ってきました。しかしながら、その業務にはいくつかの問題点がありました。まずは健診の予約、および申し込みです。従業員が自ら医療機関に予約をし、それを健診担当者に伝える工程をおこなっていました。ところが、予約の日時を担当者に連絡しない従業員が存在し、担当者は健診の受診を確認するのに時間と手間がかかりました。そこで健診の代行サービスを導入することにより、予約状況を把握するのが容易になり、しかも受診率が向上したのです。受診率が向上すれば、それだけ社員の健康状態がつかめますし、個々の健康への意識も高まります。健診の結果については、代行サービスを受けることによって、一括で企業側に送られてくるので、回収する手間がなくなります。

健康診断の代行サービスのメリット

健診の結果を管理することも、健診代行のサービスをうけることにより、健診担当者の負担が軽減されます。以前は紙の結果表の管理や、データの収集に、非常に時間と手間がかかりました。紙の紛失も問題点としてありました。しかし、代行サービスを受けることによって、結果がデータ化され、管理がスムーズに行えるようになりました。インターネットで検索すると、健診の代行サービスがいろいろと見つかります。費用も掲載されている所もあるので、大体の相場を知ることができます。企業の規模、従業員の人数、サービスの内容などを考えて、利用するサービスを選択するのが良いでしょう。健康診断は1年に1度の大切な行事です。社員の健康のために、代行サービスを活用して従業員の健康に対する意識を高めることが大切です。